UCITS IV - 何のことでょう

UCITS IVはあらゆる領域の投資にアクセスを開いているものです。上場・譲渡可能証券、デリバティブの種類、預金、金融市場証券(MMI), その他ミューチュアルファンドといったものを含みます。ヘッジファンドも使用可能です。

 

保護
UCITS IVファンドはファンド自体に、またそのマネージャーに課せられた広範な厳しい規則や義務をもって投資家への多大なる保護にあたります。

  • UCITS IVファンドは、伝統的な絶対的なリターンをもたらすファンドに比してより頻繁な報告義務を堅持していくことが必要です。そして厳格なリスク管理の処理とチェックを行っていかねばなりません。
  • UCITS IVはすばらしいまでの透明性を備えます。ヘッジファンド的方策が使用できる半面、ヘッジファンドと違いUCITS III ファンド以降により規制化されています。
  • 異なる制限や規則を通じて十分な多様化も保証されていきます。とりわけ会社での個人保有量、その負債、また無議決権株シェアにかかるものも含んでいます。
  • UCITS IVはまた、新しいよりシンプルな公開文書である「KIID/キー・インベスター・インフォメーション・ドキュメント」を導入します。これにより投資家が提案されたUCITS投資のカギとなる特徴をより容易に理解し、商品のより効率的な国際(間)マーケティングを行うことをサポートしていきます。
  • UCITS IVファンドでは高度の流動性のもの、金融資産をご提供いたします。日々の評価査定を毎日お届けしていくことが大方のケースですが、そうでない場合でも少なくとも2ヶ月に一度は行ってまいります。 ? こちらが意味するものは、投資家は求める時に自身のお金を回収できないのでは、という不安や心配に悩まされることはない、ということです。
  • UCITS IVはまたスケールメリット(規模の経済性)を増大し事業/営業費を減少させつつ、マスターフィーダーファンド構造に資産を共同出資することも可能とします。これにより商品を、機関投資家のためのファンドの創造ということに関し、より魅力的なものとしています。
  • UCITS IVの下、UCITSの国内と国際間での両面での合併の遂行が可能となり、より効率的な管理でよりボリュームの大きいファンド形成のためのUCITSの強化・統合が進められます。