コーンヒル積立投資アカウントとは何か

コーンヒル積立投資アカウント (「CRIA」) とはシンプルで費用対効果の高い積立投資ソリューションのことで、様々な年代層のご家族の資産を管理します。
 

コーンヒル積立投資アカウントによって、人生の大きなイベントをうまく計画できます。お子様の教育費のため定期的に投資したり、次の世代に資産を継承するために定期的に投資する場合もあります。  


どのような目的でも、個人信託のメリットを活かしながら、コーンヒル積立投資アカウントは投資計画をサポートし、達成できるよう促します。


信託とは何か

信託にはたくさんの種類と目的がありますが、その基礎となる構成は同じです。信託とは法的に拘束力のある取り決めで、これにより、委託者(受益者)が指名した個人の利益に向け信託を保持するため、個人(委託者)が資産の法的所有権を指定した個人(受託者)に譲渡することができます。

所有権の法的な譲渡は、トラスト・ディードと呼ばれる合意した規則に従います。トラスト・ディードはさらに:
- 信託の資産を受益者に配分する方法に対して、委託者から受託者への指示を取り決めます。
- 受託者が受益者と取引する際の権限に関して記録します。


信託する理由

Ÿプライバシー – 資産は受託者の名前で管理され、受益者の身元は極秘扱いとなります。

Ÿ財産の貯蓄 – 信託は資産の貯蓄や家族内での保持のために使用される場合があります。

Ÿ資産の保護 – 信託は遺留分やプロべートなどの法的要求から資産を保護できる場合があります。

Ÿサクセッション・プランニング – 信託は、法的な異議申し立ての不安を抱くことなく、ご自身が希望する方法で資産を相続させるサクセッション・プランニングに向けた有効な手段となります。 


コーンヒル積立投資アカウントを利用した投資で、どの位の利回りが見込めるでしょうか。

投資計算機で調べてみましょう。